施工実績

リフォーム 外壁 屋根 雨漏り費用約110万円工期8日間

兵庫県小野市 O様 社屋工場

親子二人三脚で頑張っていらっしゃる町工場。スレート屋根の補修工事を行いました。

親子二人三脚で頑張っていらっしゃる町工場。スレート屋根の補修工事を行いました。
  • before
  • after

火災保険を使っての雨漏り修理

以前に雨漏り調査のご依頼を頂き、数年に調査をさせて頂いたお客様です。
今回、昨年の秋の大型台風が原因で破損箇所が増え、雨漏りもひどかったので、
屋根や雨樋、波板などの補修をご依頼いただきました。

施工前

※サムネイル画像のクリックでメイン画像を切り替えます。

屋根の板金部分(箱谷・笠木)から雨漏りしています。

①② 本来、屋根から流れてきた雨を受けて流すための「箱谷」という部分と、
  そのへりにあたる「笠木」が崩れてしまっています。
  これでは雨が下に流れないどころか、傷んだ部分から雨漏りします。

③外壁スレート 壁に穴が空いてしまっています。

④波板 屋根部分の波板がほとんど取れてしまってありません。

⑤雨樋が破損しています。
 2階からの雨水を流す竪樋が完全に割れてしまっています。

⑥屋根のケラバ部分(左側の傾斜部分)のスレートが破損してなくなっています。

メインの雨漏り箇所は箱谷ですが、
そのほかにも傷んで破損している箇所がたくさんあったので、
併せて補修をさせて頂くことになりました。

O様 社屋工場 基本データ

住所 兵庫県小野市
工事費用 約110万円
工期 8日間
工事内容 ・足場工事
・箱谷撤去新設工事
・笠木下地工事
・笠木板金工事
・雨樋(竪樋)工事
・上合 3か所
・外壁スレート交換工事
・スレート屋根一部補修工事
・波板交換工事

施工中

板金工事(箱谷・笠木)

※サムネイル画像のクリックでメイン画像を切り替えます。

①工事前  谷部分にゴミや草が溜まっています。まずはこれを取り除きます。

②箱谷を清掃しています。

③箱谷をカバー工法という方法で補修します。
 既存の箱谷の不要なごみなどを取り除き、その上から新しいガルバリウム鋼板で出来た板金で覆います。板金は元は1枚のガルバリウム鋼鈑なのですが、既存の谷のサイズに合わせてぴったりのサイズに加工します。

④⑤ 笠木(へりの部分)を補修します。
 古い板金や朽ちた木材を取り除き、新しい木材を施工します。

⑥箱谷の下(建物内部)を、補強するために木材を施工しています。


板金部分仕上げ、雨樋工事(竪樋、上合)

※サムネイル画像のクリックでメイン画像を切り替えます。

①箱谷にドレンを設置します。
 雨水を排水するための排水管です。

②③ 箱谷・笠木完工

④⑤⑥ 上合・竪樋交換完了


屋根スレート、外壁スレート、波板工事

※サムネイル画像のクリックでメイン画像を切り替えます。

①② 外壁スレート交換
 穴の空いていた壁と、一部欠けていた下屋部分のスレートを撤去、新設しました。

 こちらの工場は、屋根も外壁も波型のスレートという素材で出来ています。
 以前に雨漏り工事させていただいた工場さんもスレート屋根でしたが、
 一般的に工場の屋根はスレートで出来ているところがほとんどです。

③④ 波板交換工事
 ほとんど取れてしまっていた波板を一旦全部撤去し、新しい波板に付け替えました。

施工後

補修完了しました。(施工前と対応させているので見比べてみてください。)

※サムネイル画像のクリックでメイン画像を切り替えます。

①② 箱谷、笠木 完工しました。
 ぼろぼろだった板金やむき出しになっていた木材が綺麗な板金に付け替わりました。

③外壁スレート 交換完了
④波板 交換完了
⑤雨樋 交換完了
⑥ケラバ部

施工担当の振り返り

担当者:もり
担当者:もり

お客様の人柄に触れて

実は、O様からは昨年の年末に修理見積もりのお声掛けをしていただいたのですが、その時期は台風の影響で、ご自宅が雨漏りしている方や屋根瓦が吹き飛んでしまった方など、個人宅でとても困られている方からのご依頼をたくさんお受けしていました。

調査も工事の予定もめいっぱいで動いていたので、その旨お伝えしたところ、快く待っていただけるとご了承をいただきました。
年明けに調査に行かせていただき、この春、温かくなってきてから施工をさせて頂きました。親子二人三脚で頑張っていらっしゃる大切な工場、これからも応援していきたいです。


その他のおすすめリフォーム

  • 外構工事外構工事
  • 解体工事解体工事
  • 内装工事内装工事
  • シロアリ駆除シロアリ駆除