施工実績

リフォーム 屋根費用27万工期3日

兵庫県加古川市平岡町 T様邸4.5

屋根修繕工事<加古川市平岡町>下り棟積み替え工事、鬼瓦・取り合い部漆喰工事、瓦差し替え工事

屋根修繕工事<加古川市平岡町>下り棟積み替え工事、鬼瓦・取り合い部漆喰工事、瓦差し替え工事
  • before
  • after

ちゃんとした屋根屋さんに頼みたいと思って探しました。

2018年の夏は災害の夏でした。
西日本豪雨で雨風がひどく、特に風がとても強かったせいで
屋根から鬼瓦が落ちてきてしまったそうです。

以前に直したことはあるけど、その時はよくわからない業者にしてもらって
あまり納得いく結果ではなかったそうです。
今回は屋根工事を専門でたくさん工事をしているところがいいと思って、
インターネットで探して翔飛工業を見つけてくださったそうです。ありがとうございます。

施工前

※サムネイル画像のクリックでメイン画像を切り替えます。

風雨で鬼瓦が落ちてきた

激しい雨風と劣化で鬼瓦が落ちてきたそうで、
その瓦が当たって下屋根(1階の屋根)の瓦も割れていました。

「また鬼瓦が落ちてきても怖いから」ということで、
すでに鬼瓦が取れているところは棟の積み替えをし、
それ以外の箇所は、鬼首の漆喰を補修させて頂くことになりました。

補修が必要な部分と、必要がない箇所を見極めて、
最適なご提案をできるよう心掛けています。

T様邸 基本データ

住所 兵庫県加古川市平岡町
築年数 40年
工事費用 27万
工期 3日
工事内容 ・下り棟漆喰工事
・鬼部、取り合い部既存漆喰撤去
・鬼部、取り合い部漆喰工事
・瓦差し替え工事

施工中

下り棟積み替え工事

※サムネイル画像のクリックでメイン画像を切り替えます。

①まずは、鬼瓦を銅線で繋いで、屋根の野地板に固定します。
 固定のために一部瓦を外しているので、瓦の下に施工されていた瓦土が見えています。
 鬼瓦は重いので、落ちないようにしっかりと補強をします。

②③④⑤
 棟の古い瓦土を撤去し、なんばんとのし瓦を施工して積み替えを行っています。
 今回は棟全体を積み直すのではなく、鬼瓦から数メートルだけなので、
 そこから上は土葺きの部分が残っています。
 新しく補修した部分は、なんばんで仕上げます。

⑤瓦を積み戻して完成です。

⑥鬼瓦との間はコーキングで留めています。(このあと、漆喰で仕上げます。)


漆喰補修工事

※サムネイル画像のクリックでメイン画像を切り替えます。

①工事前です。
 本来まっ白な漆喰が、黒くカビたり、浮いてぼろぼろ取れて来たりしています。

②傷んだ古い漆喰を取り除きます。
 古くて硬くなっているので、つるはしのような工具で割って取り除きます。

③鬼瓦の根元です。この箇所を鬼首と言います。
 古い漆喰を取り除き、元の瓦はそのまま使用します。
 漆喰を塗る前に鬼首をコーキングで接着します。

④コーキングが乾いたら、漆喰を塗って仕上げます。
 漆喰は左官屋さんが手仕事で仕上げます。

⑤漆喰完成

⑥おうちの全体像です。
 昔ながらの日本家屋で、T様邸は入母屋という屋根の形です。
 焼板の立派なお宅です。

施工後

屋根の補修が完了しました!

※サムネイル画像のクリックでメイン画像を切り替えます。

施工担当の振り返り

担当者:もり
担当者:もり

5年、10年先にも安心して暮らせるように

普段はあまり見上げることのない屋根ですが、
毎日僕たちの暮らしを支えてくれています。

皆さん、突然訪れる災害に遭って初めて考えることだと思いますが、
そう頻繁に手入れをしない場所だからこそ、工事をする際には
今後10年、20年と暮らしていく事も考えて、ご提案をさせて頂くようにしています。

今年のような超大型台風やゲリラ豪雨、夏の気温上昇など、
これからどんな異常気象が起こるかわかりません。
そんな時にも、翔飛工業が皆さんに頼られる会社でありたいと思います。


お客様の声

屋根修繕工事<加古川市平岡町>下り棟積み替え工事、鬼瓦・取り合い部漆喰工事、瓦差し替え工事を施工されたお客様の声

その他のおすすめリフォーム

  • 外構工事外構工事
  • 解体工事解体工事
  • 内装工事内装工事
  • シロアリ駆除シロアリ駆除