施工実績

いぶし瓦 屋根 点検 雨漏り費用7万円工期半日間

神奈川県川崎市 K様4.5

瓦のひび割れは放置せずにすぐ修理を

瓦のひび割れは放置せずにすぐ修理を
  • before
  • after

いぶし瓦の屋根修理方法

いぶし瓦は陶器瓦同様、多くの屋根に使用されている粘土瓦です。粘土を瓦の形にかたどり、何もかけずに焼き、そのあと“むし焼き”(燻化工程)し、表面処理を(塗装)することからいぶし瓦よばれています。

光が当たると白っぽく反射して薄い黒色となり、その色はいぶし銀と呼ばれています。多くの人がイメージする和瓦はまさにいぶし瓦に当たるのではないでしょうか。有名な生産地は兵庫県の淡路島で、瓦の3大ブランドである淡路瓦を代表する瓦として親しまれています(ほかは三州瓦・石州瓦が挙げられる)。地域的な影響があり、よく関西地区で使用されています。

いぶし瓦は専用塗料が販売されていますが、基本的に塗装は必要ありません。最近ではいぶし瓦の色彩に似せてつくられた陶器瓦やセメント瓦が普及しています。セメント瓦は経年劣化とともに色が褪せ、屋根表面に苔やカビがつきやすいですが、いぶし瓦は色ムラがあっても大きな変色はほとんどなく、苔やカビもつきにくい瓦です。
しかし陶器瓦と違い釉薬(うわやく)のガラス層がないことから、寒暖の差による凍害や海岸付近の地域は潮風による塩害を受けやすい瓦かもしれません。

今回のお客様は経年劣化によって瓦の一部がひび割れして破損。そこから雨漏りが発生する可能性や意匠性を心配されたお客様から調査・点検のご依頼をいただきました。瓦は差し替え工事で部分補修が可能です。雨風を防ぐ耐久性はもちろんのこと、断熱性・防音性・初期コストを抑えるためにも、屋根修理の専門会社に、定期的にメンテナンスしてもらうようにしましょう。弊社はお客様がご納得いただけるまで、何度でも見積もりを作成いたします。

弊社は屋根の調査から見積もり、受注から施工開始までは全て無料で対応します。また施工後も大事なお家を守るために定期的にメンテナンス・サポートを行います。2020年施工実績7000棟。創業21年の雨漏り屋根修理専門会社です。屋根修理のプロ(職人)があなたのお家をトータルサポートいたします。

屋根修理をお考えの方は弊社までご連絡ください。オンラインでリフォーム見積もり可能です。すぐに折り返しご連絡をして、調査・見積もり・施工までスムーズに対応いたします。もちろん見積もりはご納得いただくまで何度でも提出いたします。また季節ごとに割引キャンペーンなどを実施しておりますので、雨漏り修理でお悩みの方は弊社までお気軽にご相談ください。

ホームページ(https://www.syouto.com/wp/) からでも電話(0120-13-4010)でも構いません。大事なお家のために、弊社の営業・職人がすぐに駆けつけて対応させていただきます。

image


image


image

K様 基本データ

住所 神奈川県川崎市
工事費用 7万円
工期 半日間
工事内容 瓦材料費
瓦施工費
諸経費(材料送料・工事雑費)

その他のおすすめリフォーム

  • 外構工事外構工事
  • 解体工事解体工事
  • 内装工事内装工事
  • シロアリ駆除シロアリ駆除