施工実績

ベランダ 塗装 防水費用31万円工期11日間

兵庫県姫路市 T様4.5

外壁の腐食を防ぐ笠木の役割

外壁の腐食を防ぐ笠木の役割
  • before
  • after

笠木はお家を支える様々な役割があります

ベランダの腰壁に取り付けられている板金、階段の手摺上部に取り付けられている仕上げ材のことを笠木と言います。笠木は主に壁や躯体を保護することを目的にしています。ベランダやバルコニーの腰壁、屋上の立ち上がり、パラペット(家屋・建物の平らな屋上やバルコニー等の外周部に設置された低い手すりのような部位のこと)等、雨水に晒されやすい場所に笠木を取り付けることによって、お家全体を保護するだけでなく、雨水の浸水を防いでくれています。外壁から雨水が入りこむと屋根裏の腐食だけではなく、雨漏りまで起こしてしまいます。ではバルコニーやベランダやパラペットに取り付けられている笠木が劣化してしまうとどのような問題が起きてしまうのかをご紹介します。

笠木は下地木材に対し防水シートを張りアルミや鋼板を被せてビスや釘で固定します。しかし釘の抜けや下地が腐食を起こしてしまうと笠木が固定できず、飛散してしまうことがあります。グラついたり、浮きや隙間が見えるといった場合は、笠木の交換を検討しましょう。

また笠木の破損に伴って雨漏りが発生する可能性があります。笠木が保護しているのはいずれも雨水が浸水しやすい場所なので、笠木が破損すれば雨漏りのリスクは高まります。
笠木は基本防水効果がありますが、台風などや大雨の場合は、劣化した笠木部分から雨水が浸水してしまい、屋根裏や外壁を腐食させる恐れがあります。万が一、大雨の際に隙間から雨水が浸水したら屋根工事専門会社に点検してもらうようにしましょう。

今回のお客様は笠木が経年劣化とベランダ部分に隙間や経年劣化が確認できたため、ベランダと笠木部分に防水工事を行いました。笠木は外壁の腐食を防ぐ大事な部分です。劣化や異常を確認したらすぐに屋根工事専門業者に調査してもらうようにしましょう。その際は普段確認できない屋根部分も診てもらうとお家の経年劣化や破損個所が分かるかもしれません。

弊社はドローンを使用した屋根調査を行っています。お見積りはご納得いただけるまで何度でも無料で対応。施工後のイメージが分かるように試し塗りも何度でも対応いたします。また施工後は定期的なメンテナンスで大事なお家をフルサポートしますのでご安心ください。

屋根工事・外壁工事・雨漏り工事でお悩みのことがありましたら、まずは弊社までご連絡ください。すぐにお伺いして、調査・見積もり対応をいたします。もちろん見積もりはご納得いただくまで何度でも提出いたします。ホームページのTOPでは無料シミュレーションを実施しております。無料&匿名で使用できますので、リフォームでお悩みの方はお気軽にご相談ください。

ホームページ(https://www.syouto.com/) からでも電話(0120-13-4010)でも構いません。大事なお家のために、弊社の営業・職人がすぐに駆けつけて対応させていただきます。

image


image


image

T様 基本データ

住所 兵庫県姫路市
工事費用 31万円
工期 11日間
工事内容 【防水改修工事】
FRP防水
下地調整(研磨・カチオン)
雑工事
笠木塗膜防水
脚立作業費

その他のおすすめリフォーム

  • 外構工事外構工事
  • 解体工事解体工事
  • 内装工事内装工事
  • シロアリ駆除シロアリ駆除